JFS規格適合証明

JFS規格とは

一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)が運営するJFS規格は、国際整合性のある日本発の食品安全規格・認証スキームです。
HACCPを取り入れ一般的衛生管理を中心としたJFS-A規格、codexHACCPの実施を含むJFS-B規格、GFSIのベンチマーク規格(GFSI承認規格)であり、
国際取引に使用可能なJFS-C規格の3つの規格があります。

JFS規格は、
 1.食品安全マネジメントシステム(FSM)
 2.ハザード制御(HACCP)
 3.適正製造規範(GMP)
の3要素で構成され、継続的な改善を可能とします。

※GFSI(グローバルフードセーフティイニシアティブ)
世界最大の消費財企業の業界団体である「コンシューマーグッズフォーラム(CGF)」の“食品安全”をテーマにした分科会組織です。

JFS規格とは

JFS-A/B監査および適合証明

HACCPの制度化も考慮したJFS-A/B規格は、国内取引に使用可能な規格として認められています。
GFSIグローバルマーケットプログラムにも対応していることから、中小企業でも取り組みやすく、自社の食品安全管理を段階的にレベルアップできます。

※グローバルマーケットプログラム(GMaP)
GFSIが示した計画で、中小規模の会社でもGFSI ベンチマーク規格を取得することが出来るように、
衛生管理レベルを段階的に引き上げるプログラムとなっています。
難易度の低い規格から取り組み、徐々にステップアップしていくことで最終的にGFSIベンチマーク規格の取得を目指します。

弊社では、JFS-A/B規格の監査及び適合証明業務を承っております。JFS-A/B規格監査適合証明に関してご質問、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください。

JFS規格の適合証明を受けることによるメリット

1.国際標準であるGFSI承認食品安全マネジメント規格に適応
2.販売地域を拡大しグローバルサプライチェーンにも参入
3.HACCPの制度化に対応
4.二者監査のコスト削減
詳しくは食品安全規格取得もご参照下さい。

適合証明の流れ

適合証明の流れ
Copyright © Q&C Co.,Ltd. All rights reserved.