安全な食品づくりを真剣にお考えの経営者の方には、HACCPシステム導入をお勧めします。「今更、HACCP?」と思われるかもしれませんが、国際的感覚や販路先を広げるにはやはりHACCPです。

これまでは、総合衛生管理製造過程承認制度が日本国内食品業界に強く影響しましたが、食品安全の国際規格であるISO22000やFSSC22000が発行された今は、コーデックスHACCPの考え方がHACCPの根本であると見直されてきました。

施設がメインではなく、危害要因(ハザード)をどのようにコントロールするかを目的に、そのための手段として施設の改善策が検討されるようになってきました。

また「HACCPを取りたい」と言っても、その目的によって取る認定・認証制度は違ってきます。

例えば、米国に日本の食品を輸出するには、対米向け輸出食肉・水産食品、農林産物などそれぞれ求められる規格の登録や認定を取得する必要性があります。また、「対EU輸出水産食品」についても求められる基準・規格内容があり、それらを満たしたものが輸出可能となります。

国際的に民間の認証システムである、ISO22000、FSSC22000、JFS-E-Cなどへの取り組みも流通機関からの指令で取得しておかねばならない時代にきております。

まず、どのような食品工場にしたいのか、考えてみる必要があるのです。



お伺いした先で、「うちの工場じゃ、ISOとかHACCPを取るのはムリでしょう?」とおっしゃる経営者がおられます。

ムリではありません。経営者の方が、衛生的な環境で安全な食品製造の目標やビジョンをお持ちならHACCPの導入が可能です。

経営者の意欲や意思が必要なのです。

HACCPシステムは「施設」ではなく、「システムの運用」です。
ハザードを認識してソフトウエアで対応する事で、実現が可能となります。



ヒトを動かすには、マネジメントを確立しましょう。経営者の決断や判断のもとにHACCPを動かすのです。そして目標やメリットを考えましょう。必ずメリットが見えるはずです。

「書類作りは大変だけど、工場の中はHACCPに取り組んだおかげで、すごくきれいになった」「微生物検査結果が良くなり、クレームも減少した」

そんな声を多数聞きます。

結局、HACCPの目的は、「HACCPを導入する事、認証を取得する事」ではなく、「安全な良い製品をより高い確率で消費者に届ける」ことです。

「HACCPは食品安全のために行うものであって、品質と関係ない」という意見もあるかもしれません。しかしながら、このシステムを上手に運用することは、内部組織やチーム活動での、コミュニケーションの向上や技術力アップにつながり、マネジメントシステムを加えていくことにより、品質的にもレベルアップさせていく必須な手段と企業の信用につながります。

HACCPを確実に動かして運用するには、マネジメントシステムを組み合わせた方法で、より安全性の高い食品製造のシステムがISO22000やFSSC22000です。

HACCPは手段であって、目的は安全で売れる製品や商品を作ることではないでしょうか。



確かにISOの認証を受けようとすると費用がかかります。

工場の改築、設備投資だけではなく、審査・登録費用などです。なかなか認証取得に踏み切れないのも、経費の問題かもしれません。

そんな時は、各自治体が行っている認証事業を探してみましょう。

市や都道府県が実施している制度が全国に多数存在します。

挑戦してみると、目標ができて工場の衛生管理があっという間に向上するでしょう。





住所
北海道札幌市東区北26条東22丁目6番7号

電話・FAX
TEL : 011-786-8300
FAX : 011-786-8266